ライフステージにあわせたフード

飼い猫にはできるだけ良質なキャットフードを与えてあげたいものでしょう。毎日摂る食事は人間同様、猫の健康にとっても大切で、キャットフードの質は猫の寿命にも関わるものなので、猫に合ったものを選んであげたいところです。歯が弱くなった老猫だと硬いキャットフードは噛むのは難しいのではないでしょうか。それぞれのライフステージにより合ったフードを食べさせてあげましょう。

キャットフードを大きく分けると、ライタイプとウェットタイプの2種類に大別されます。ドライタイプはフードに含まれている水分量が少なく、噛みごたえがあるキャットフードです。猫の普段の食事にはドライタイプがおすすめだといわれています。老猫まで与えられますのでこのタイプのキャットフードはよく購入されています。それに対して、ウェットタイプのキャットフードは水分量が多くて、柔らかくなっています。

柔らかいので猫も食べやすいというメリットがあり、どちらかというとおやつ感覚で与えるタイプのフードです。ドライタイプのキャットフードもウェットタイプのキャットフード、どちらも猫は喜んで食べてくれます。そこで、2つのタイプのキャットフードの特徴について紹介したいと思います。