猫の健康に重要なキャットフード

毎日摂る食事は猫の健康にとっても大切です。キャットフードは猫の寿命にも影響するといわれていますので、できるだけ猫に合ったキャットフードを与えましょう。キャットフードは大きく分けると、ドライタイプとウェットタイプに分けられます。

ドライタイプはフードに含まれている水分量が少なく、噛みごたえがあり、猫の普段の食事にはドライタイプがおすすめだといわれます。老猫まで与えられますのでよく購入されています。それに対し、ウェットタイプのフードは水分量が多く、柔らかいという特徴があります。そのため、猫も食べやすいという利点があっておやつ感覚で与えるタイプのフードといわれます。ドライタイプのフードもウェットタイプのフードも猫は喜んで食べてくれます。

そこで、2つのタイプのキャットフードの特徴を紹介しましょう。ドライタイプのキャットフードは、一粒に猫に必要な栄養素バランス良く凝縮されていてコスパにも優れていますので、保存にも向いています。セールなどで大量購入できますので便利です。また、顎を鍛えたり歯磨き効果もあります。

ウェットタイプのキャットフードは70~80%くらいが水分といわれ、水分量がとても多くなっています。ウェットタイプはいつでも水分をとりやすく、成猫になると増えてくる尿結石リスクにも効果も期待できて、歯が弱くなった老猫などにおすすめです。猫にはそれぞれのライフステージにより合ったフードを食べさせてあげましょう。