ドライタイプのメリット

ドライタイプのキャットフードの特徴は、猫に必要な栄養素がキャットフードの一粒に全てバランス良く凝縮されているのです。そして、コストパフォーマンスが高いので長期的に与えやすく、乾燥しているため水分量が少なく、保存にも向いています。セールなどの時に一度に大量購入することもできるので、ある程度まとまった量で購入できて、1食あたりの費用は、ウェットタイプのキャットフードと比べるとかなり抑えることができます。

良質なドライフードのキャットフードだと、栄養バランスがとても優れていますので、本来ならおやつとして猫に食べさせる他の食事は必要ないくらいです。また、顎を鍛え、歯磨き効果もあります。

それに対して、ウェットタイプのキャットフードは70~80%くらい水分が含まれています。ドライタイプに含まれる水分が10%くらいなので、水分量がとても多いといわれています。ドライタイプを主食にしている場合は、いつでも水分をとりやすく、成猫になるにつれて増えてくる尿結石などのリスクを低くするといった意味でも期待ができるといわれています。歯が弱くなった老猫にはウェットタイプのキャットフードだと食べやすいですね。猫に合ったタイプのフードを与えることがおすすめです。

ライフステージにあわせたフード

飼い猫にはできるだけ良質なキャットフードを与えてあげたいものでしょう。毎日摂る食事は人間同様、猫の健康にとっても大切で、キャットフードの質は猫の寿命にも関わるものなので、猫に合ったものを選んであげたいところです。歯が弱くなった老猫だと硬いキャットフードは噛むのは難しいのではないでしょうか。それぞれのライフステージにより合ったフードを食べさせてあげましょう。

キャットフードを大きく分けると、ライタイプとウェットタイプの2種類に大別されます。ドライタイプはフードに含まれている水分量が少なく、噛みごたえがあるキャットフードです。猫の普段の食事にはドライタイプがおすすめだといわれています。老猫まで与えられますのでこのタイプのキャットフードはよく購入されています。それに対して、ウェットタイプのキャットフードは水分量が多くて、柔らかくなっています。

柔らかいので猫も食べやすいというメリットがあり、どちらかというとおやつ感覚で与えるタイプのフードです。ドライタイプのキャットフードもウェットタイプのキャットフード、どちらも猫は喜んで食べてくれます。そこで、2つのタイプのキャットフードの特徴について紹介したいと思います。